tpnさんの“タニン市場での揚げパン修行日記”

 揚げパンとは、こちらで「パートンコー」と呼ばれている、中国の油条にもよく似た、小麦粉をこね油で揚げたパンと麩の中間のような食べもののことをさしています。この揚げパンは、豆乳(ナームトーフー)と一緒に売られることが多く、軽い朝食がわりとしてチェンマイ市民に親しまれています。
 そんな揚げパン&豆乳屋の屋台に通われているうちに店主のタイ人と親しくなり、揚げパン作りの修行をすることになった、北海道出身のtpnさんの揚げパン交流記を掲載させていただきます。

【このコンテンツの(1)~(4)は、Rabbitさんのサイト「チェンマイ通信」にあった“チェンマイ生活情報”のコーナーが閉鎖されるのに伴い、お譲りいただいたものです】






第1期


揚げパンの屋台

 タニン市場の前には、豆乳と揚げパンを売る屋台が出ます。ここで毎朝、朝食に豆乳と揚げパンを食べていますが、チェンマイ大学に通うのここの息子と交換教授をすることになりました。私が日本語を教え、彼がタイ語を教えます。その交換教授はいよいよ本日夕方からなんですが、今朝ジョギングの帰りに店に寄ったら、息子は休みで代わりにお母さんとお父さんで営業していました。
 お父さんに挨拶したら...

続きを読む

第2期


招き猫

 さて、本日から豆乳屋さんのお手伝い再開しましたので、報告します。
 日本から、3種類のおみやげを持ってきました。
 1.ふりかけ5種類*2個……100円ショップで買いました。
 2.真空パックのいかめし……空港で買いました。
 3.小さな招き猫……正統派ではないけれど、...

続きを読む

第3期


 バンコクからの深夜バスで早朝5時半にアーケード・バスターミナルに到着、面倒くさいのでモトサイでタニン市場に着きました。まだ6時前なので、周囲も深夜という雰囲気。カーオマンガイ屋では、中央のテーブル席でおじさんのファランとタイ人の若い男女が数人酒を飲んでいました。
 お父さんとお母さんは、相変わらずです。僕にどこを回ってきたか、お金はいくらかかったかなど色々聞いてきます...

続きを読む

第4期


 昨日は、日本人がたくさん来て天気もよくにぎやかだったのですが、今日は雨になりました。雨のおかげで市場も静かでした。お手伝いの方も、のんびりムードです。
 今日は時間があり、みんなで椅子に座って話をしていました。いつも通り、お母さんの揚げパンチェックによりできのよくないものが僕に回ってきました。お母さんはNG出したけど、おいしいよ。
 そこから、お父さんと揚げパンの揚げかたについて...

続きを読む

第5期


 「揚げパン修行日記」をラビットさんにメールで送ることは、昨日で終了しました。お父さんやお母さんの僕に対する期待は、僕の想像以上に強いものになっているのではないか(今思えば、そんなにマジメに考えるべきことではなかったと思っています)、もしそうならば、「引越す」なんて言ったらどんなことになるのか……。
 引越しまでの時間は、まだ1ヶ月ほどあります。少しずつフェイドアウトさせていって...

続きを読む



大手旅行会社ならではの品揃え



HOMEへ レポートを書く TOPへ