メガストア(大規模流通店舗)

リムピン・スーパーマーケット


≪ニム・シティー・デイリー店≫

場所:サナームビン(空港)交差点から少し同通りを北に行った右手。「Nim City Daily」というショッピングアーケードの中
住所:199/8 Mahidol Road
TEL:053-904801
営業時間:8時~21時

≪ナワラット店≫

場所:ナワラット橋からピン川左岸を走るチェンマイ-ラムプーン通りを下流方向に400mほど行った左側
住所:129 Lamphun Road
TEL:053-246333
営業時間:8時~21時

≪ミーチョーク店≫

場所:国道1001号線と第1環状道路が交わるルアムチョークミーチャイ交差点北西角
住所:208 M.6 T.Faham
TEL:053-266629
営業時間:8時~21時

≪カードファラン店≫

場所:エアポートプラザから国道108号線を南下し、第3環状道路との交差点を過ぎた先左側
住所:255/4 M.13 ChiangMai-Hod Road
TEL:053-435305
営業時間:8時~21時

≪プロムナーダ店≫

場所:市内からマヒドーン通りを東に進み、スーパーハイウェイとの立体交差を過ぎた先のショッピングモール「Promenada Resort Mall」の中
住所:1st Floor-Building A 192 M.2 Tha Sala
TEL: 053-142722
営業時間:8時~21時

≪メイヤーモール店≫

場所:フワイケーオ通りとスーパーハイウェイが交わるリンカム交差点の北西角にある「Maya Shopping Mall」の中
住所:Floor B1,Maya Shopping Mall Huay Kaew Road, T.Suthep
TEL: 052-081577
営業時間:10時~深夜

ほかに、食料品のみを扱う小規模店舗の「Rimping Grocery」が3店舗ある。
店舗所在地の案内は、http://www.rimping.com/store_locator_maps



チェンマイ北部郊外にある高級スーパー、リムピンスーパーミーチョーク支店 ロータス、ビッグCといったロードサイドの大型店ができる前からチェンマイにあったスーパーマーケット。自分の記憶が定かではないのだが、もともとはナワラット店だけ(それで店舗名がリムピン=ピン川の岸、なのだと思われる)でその後チャーンプアック通りのノボテル(現メルクール・ホテル)隣にも店舗を構え(閉店し現在はTOPSスーパーマーケットになっている)、これといった特徴もなかったのだが、企業の駐在員とその家族やロングステイの外国人が急激に増加した2000年前後に、彼らプラス裕福なタイ人をターゲットにした高級店に生まれ変わり、さらに店舗を増やしていった。

 他のメガストアとリムピン・スーパーの最大の違いは、ターゲッティングに起因するその品揃えにあると言っていいだろう。前者が一般的なタイ人を中心顧客として、多品種大量低価格販売を指向しているのに対し、リムピン・スーパーはもっぱら経済的に余裕のある層に的を絞り、彼らのニーズに合わせた輸入品やほかでは手に入りにくそうな商品を高価格で販売している。
 店舗面積は他のメガストアと比べるとはるかに狭く、商品の大多数を食料品が占めており、それに家庭用品が若干加わるといったカンジでアパレルは扱っていない。食料品も前述の通り輸入品や高級品が中心で、日本料理の食材やコーヒー豆、ワイン、チーズなどもかなりのバリエーションだ。
 イメージ的に言えば東京の紀伊國屋スーパーや成城石井のような店を思い描けば、それほどはずれてはいないと思う。そういった意味では、旅行者にとっては、将来こちらに来て日本料理の自炊をメインの食事にしたいと考えているロングステイの下見、というようなシチュエーションでもなければあまり利用価値はないのではなかろうか。
 仮にお土産としてタイ料理の食材やインスタントものを購入したいのであればロータスやビッグCのような普通のスーパーマーケットのほうがいいだろうし、チェンマイ特産のお菓子やお茶などを考えているのなら、ワローロット市場やエアポート・プラザ地下のカード・ルアン・エアポートのほうがお勧めできる。
 例外はコーヒー豆で、このスーパー以上にタイ産のものを取り揃えている店を自分は見たことがない。

 ニム・シティー・デイリー店やナワラット店であれば、市内中心部に近いのでついでに寄るのもいいが、限られた時間しかない旅行者がわざわざミーチョーク店(ちなみに、ここにはチェンマイで最初のドライブスルーのマクドナルドがある)やカードファラン店まで出向くようなことはしなくてもいいと個人的には思う。
【2017年4月写真追加】



タイでロングステイするなら、日本でのモノはできる限り減らしていきましょう!




HOMEへ レポートを書く TOPへ