メガストア(大規模流通店舗)

 チェンマイのショッピング・スポットといえば、ナイト・バザールや土日の歩行者天国、ボーサーン、バーンタワーイなどが有名だが、タイの生活用品や食品なんかを探したい、という人にはメガストア(巨大スーパー、デパート、ショッピングモール)がおすすめだ。日本でも千葉県幕張などに店をオープンして一時話題となったカーフー(カールフール。現在は日本同様撤退してBig-C Extraになっている)をはじめとするこれらの店舗は、タイ人の生活レベルの向上に伴って1990年代なかごろからチェンマイでも急速に増加した。特に、街の北から東北にかけてのスーパー・ハイウエイ沿いには巨大スーパー、デパート、さらには大型の家具・インテリアショップが建ち並んでおり、その品揃えの量はモノにあふれかえった生活に慣れた日本人をも圧倒するものがある。
 また、クルンテープ(バンコク)のマブンコーンのような、デパートとショッピングセンターが合体した複合型商業施設も現在市内に2軒、さらには中小店舗のテナントだけの大型ショッピングモールも2軒ある。衣料品などは巨大スーパーでも扱っていて値段もかなり安いが、やはり質もそれなりで日本で着るにはちょっと……というカンジだが、こうしたデパートやショッピングモールには質のよい外国有名ブランドのライセンス商品が揃っている。円安が進んでしまい多少うまみは薄れているが、こうした店で日本で着る洋服や化粧品(植物物語など日本と同じブランドのものが多数売られている)・食品を山のように買い求めれば、高い航空券代も多少は浮くかもしれない(笑)。
 基本的には、自家用車に乗って来る現地の人達をターゲットにしているため、旅行者が行くには少々不便な場所にあることが多いが、自力でレンタカーやレンタルバイクを運転して行くか、トゥクトゥク、ソンテオをチャーターするのがよいだろう。店によっては、市内中心部との無料シャトルを運行していたり、客待ちソンテオの停留所が用意されているところもある。







セントラル・フェスティバル・チェンマイ


チェンマイ北東部にある高級デパート&ショッピングモール、セントラル・フェスティバル・チェンマイ(1)

 市の南東部のスーパーハイウェイ(国道11号線)沿い、チェンラーイ方面へと向かう国道118号線とのサーンデック交差点の北東角に2013年11月オープンした、おそらく現在チェンマイでは最も高級なショッピングセンター。
 セントラル・フェスティバル・チェンマイの建物は正面がスーパーハイウェイに向かって作られ、オレンジ色の波打つようなフォルムとコムローイ(天灯:ローイクラトン祭りの時に空に上げられる熱気球の...

続きを読む

エアポートプラザ


チェンマイ市内南部にある高級ショッピングセンター、エアポートプラザの外観写真

 チェンマイ国際空港のすぐ近く、エアポート通りとマヒドン通り、国道108号線が交わる立体交差点角に位置する、おそらく市内最大の商業施設。古くは元チェンマイ市長のファリミーが経営する“タントラパン”という名前の百貨店だったのだが、2000年ごろ(だったかな?)にセントラルグループが買収、4億4,000万Bが投資されて巨大なショッピングセンターへと変貌を遂げた。
 エアポートプラザは現在...

続きを読む

カードスワンケーオ


チェンマイ市内北西部のショッピングセンター、カードスアンケーオで開かれるナイトバザール(1)

 市内北西部、お濠にもほど近い場所にある。2013年にプロムナーダ・リゾートモール・チェンマイとセントラル・フェスティバル・チェンマイができるまでは、エアポートプラザと並ぶチェンマイの2大高級ショッピングコンプレックスのひとつであった。カードはチェンマイ語で“市場”を意味するが、もちろん一般的な市場ではなく、現代風の市場という意味でこうしたネーミングにしているのだろう。
 カードスワンケーオは、...

続きを読む

リムピン・スーパーマーケット


チェンマイ北部郊外にある高級スーパー、リムピンスーパーミーチョーク支店

 ロータス、ビッグCといったロードサイドの大型店ができる前からチェンマイにあったスーパーマーケット。自分の記憶が定かではないのだが、もともとはナワラット店だけでその後チャーンプアック通りのノボテル(現メルクール・ホテル)隣にも店舗を構え(閉店し現在はTOPSスーパーマーケットになっている)、これといった特徴もなかったのだが、企業の駐在員とその家族やロングステイの外国人が急激に増加した2000年前後に、彼らプラス裕福なタイ人を...

続きを読む

BIG-C(旧Auchan)


チェンマイ市内南東部にある巨大スーパーマーケット、ビッグCチェンマイ店の写真

 チェンマイ空港から東に伸びるマヒドーン通りとスーパー・ハイウェイの交差点から北に200~300mのところにある。1997年にオーショーンとしてオープンしたが、2001年7月にBIG-Cに変わった。基本的にオーショーンの設備をそのまま生かしているため、店内はとてもきれいで売場も整理されており、快適に買い物ができる。しかしながら、チェンマイで最も古い大型スーパーのひとつだけあって多少の老朽化は否めず...

続きを読む

Big-C Extra(旧Carrefour)


チェンマイ北東部にある大型スーパーマーケット、ビッグCエクストラ

 市内北東部のスーパーハイウェイ沿いと南部郊外のハーンドーンの街に店舗を構えていたCarrefour(タイ語読みでカーフー)は、2010年に同じフランス系同業のBig-Cに買収され、Big-C Extraとして生まれ変わった(カーフーの時代の様子はこちら)。
 記憶によれば、買収の際Big-C本体とは...

続きを読む

MAKRO


チェンマイ市内南東部にある巨大卸売スーパーマーケット、マクロチェンマイ店の写真

 タイ語では「メコー」と呼ばれている。オランダの企業との合弁で作られた、“cash and carry”を標榜する会員制のホールセール・クラブ。
 入店するには会員証が必要だが、パスポートを持っていけばその場で簡単にテンポラリーの会員証を発行してくれる。店内にはありとあらゆる商品が天井までうず高く積み上げられており、その風景には目もくらむ。多くの商品はカートン単位で売られており...

続きを読む

LOTUS


チェンマイ北部郊外にあるスーパー、ロータスミーチョーク店の外観

 チェンマイ北部郊外には、以前は高級スーパーマーケットのリムピン・スーパーしかなかったのであるが、2013年、その真向かいに、ロータス・ミーチョーク店がオープンした。
 規模としてはそれほど大きくなく、カムティエン店とほぼ同規模だろうか。他の店舗と同様、1階にはKFC、ミスター・ドーナツ、デイリー・クイーン、MKスキなどどこにでも入っているような店のほかに、アディダスの専門ショップやIT CITYという小さいコンピュータショッピングモール、きちんとした排煙装置の付いた本格的な...

続きを読む

TOPSスーパーマーケット(チョータナー店)


チェンマイ市内北部にあるトップススーパーマーケットの写真

 今や、チェンマイの紀伊國屋か成城石井(東京在住以外の方にはわからない例えかも……)と言ってもよいかもしれない高級スーパーのリムピン・スーパーが、エアポート・プラザそばに旗艦店をオープンしたのに伴い長きにわたりこの場所で営業を続けていた店舗を閉鎖、入れ代わりに2007年にオープンしたのがトップス・スーパーマーケットだ。
 店内の構成は、開店当初は...

続きを読む




日本で入金、現地通貨で引き出したりクレジットカードとして使える



HOMEへ レポートを書く TOPへ